スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女サ優勝おめ

kgytk-m.jpg

久々にW杯サッカー女子

ベスト8でドイツに勝った時にもしかしたら
このまま決勝まで行ってしまうのかもと思ったら
決勝でアメリカを下し優勝してしまったので困る。
初優勝おめでとう!(||´∀`)b

後半と延長で2度のビハインドに追いつきPKまで縺れるなんて
何ともドラマチックな展開で困る。
日本のパスサッカーがこの舞台で通用するとなると
女子サッカー全体の戦術も変化するかもね。

しかしドイツ戦辺りからは結構研究されてて
中盤以降の深い位置に中々ボールを送れなかったんだよな。
縦パスへの対応も早くディフェンスが中央に収縮するので
中々チャンスを作る事が出来なかっただろ。
日本はもっとパススピード上げないとキツイかも知れないね。
不用意なパスミスでリスキーな場面も目立っていたように感じる。

やはり欧米の選手と比べると、どうしてもサイズ差があるので
フィジカルで潰されてしまうんだよな;
170や180cmを超える選手も沢山いるので彼等に対抗するには
やはりウェイトを付けていく必要があるのかも知れない。
そういう意味では当り負けせずに前線でボールキープ出来る
澤選手や安藤選手は貴重な存在だと思った。

あと今回の決勝で自分的に気になった選手は
アメリカのラピノー選手。
フランス戦の時でもそうだったんだけど、
非常に精度の高いクロスやロングボールを
前線に入れて来る怖い選手なんだよな。
普段はベンチスタートで余り活躍の場は多くないのだけど
短時間でもきちんとピッチで仕事を果たす器用な人だろ。

今回の日本戦では先発に起用されて
試合開始からチーム全体の高いボール支配率に貢献し
何度もチャンスを作っていたんだよな。


--------------------------------


ついでにコパ・アメリカの方も少し書くよ。

今回の2011アルゼンチン大会では、
なんと決勝Tの初戦で上位通過のシード国が件並み敗退という
アップセット展開が起きているんだよな;
3位通過のペルーとパラグアイが共に準決勝へと駒を進め
ブラジル、アルゼンチンはPKの末に敗退…
更に1位通過したチリとコロンビアも決定的なチャンスを物に出来ず
ここで敗退という結果;なんとも…

何度もポストやクロスバーを叩くばかりで得点出来ず
セットプレーであっさり失点みたいなゲームが多かった;


因みにここまでの試合で気になった選手は
ウルグアイのカセレス選手。
アルゼンチン戦ではこの人がずっとメッシに張り付いていたんだよな。
メッシに対して方向付けしてディフェンスを行うことで
味方との連携を遮断して、彼を試合から孤立させていただろ。
素晴らしいDで兎に角自由を与えなかったので困る。

コパでは上位チームが姿を消してしまったので
このT正直もう何処が優勝しても予想が出来ないだろ;
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コウコウ

Author:コウコウ

pixiv:ID=10829
twitter:=AirzoomH

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンクサイト一覧

こちょぐりにーた ぷちレア クスグリズム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。