スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F6戦

adrz-m.jpg

久々にNBAファイナル

21日マイアミ、エアラインズ・アリーナで第7戦
ヒート対スパーズの試合が行われたんだよな。
この両者今POのシリーズではどちらも連敗がなく
3-3のタイで最終戦を迎える事になったんだよね。
スパーズは過去4回ファイナルに進出しておりその
ラウンドに来たシリーズの全てで優勝しているそうです。
対し連覇を狙うヒートは今シーズRSで歴代2位の記録となる
27連勝を果す等、やはり神がかってる勢い。

両者のRSでの対戦成績はMIAが勝ち越しているんだけど
どれも僅差の試合でしかも互いにフルメンバーでの対戦は
今シーズン実現してなかったんだよな…(ポポやスポが選手を
休ませたり怪我等の影響で)MIAが全体1位でHCAを獲得するも
MIA-SAS間では互いの外のシュートの水加減次第で
勝負の行方が左右するような印象がRSにはあったんだよね。

分岐点を強く感じたのはSASが3-2でMIAに王手をかけた第6戦
後がない状況でホームに戻って来たヒートはアンダーセンを起用。
というのもこのFのシリーズでは途中からMIAはバティエを、
SASはジノビリとディアウを、起用する展開が増えてきていて
両者完全にスモールラインナップに移行する形でビッグマンを
投入する時間は結果としてかなり少なくなっていたんだよな。
でもここで戻してきたという事は恐らくMIAの狙いとしては、
ゴール下の絡みとリバウンド、それからレブロンや他の選手に積極的に
ペイント内でアタックさせたいという考え等があったのではないかなと。
後はホームなので試合を盛り上げたい勢いを付けたいみたいな感じも。
けどこの判断が関与してかどうか、結果的にダンカンに中を荒らされて
前半で25得点あげるなどSASにリードを許してしまうので困る…。
けど4Qに入るとレブロンが気を吐いて果敢にゴール下を攻めていき
二桁あった点差を詰め残り6分で逆転に成功。そして均衡したまま
残り1分30秒、パーカーが3Pとゴール下のジャンパーを立て続けに決めて
再逆転、MIAは2度のTOを冒しファウルゲームに突入。しかしレナードが
FTを落としてしまう…SASは同点の3Pを警戒してかダンカンを下げ
バックコートを固めるも逆にリバウンドからセカンドチャンスを作られ
アレンに3Pの同点弾を沈められてしまう、OTに突入…
延長戦に入るとMIAはディフェンスで中を絞りSASを圧倒
ボッシュの2度のブロックに阻まれて、結果103-100と試合を落とし
SASはタイトルを目前に3-3のタイに持ち込まれてしまうんだよなぁ。

この6戦がMIAにとってもSASにとってもかなり大きな位置付けに
なっていたのではないかなと個人的に感じました。
ヘッドバンドが外れたままプレーするレブロンの迫力は何か
昨年のPOでBOSに3-2で追い込まれた時のレブロンの姿を思い出すね。

つづく
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カービィやー(*‘∀‘)
またアドレーヌちゃん復活しないかな

Re: No title

何か話だとアドは64以降ではカービィwiiが
最後に登場した作品のようですね、wikiの内容だと。
また公式で登場してくれると良いですな。
プロフィール

コウコウ

Author:コウコウ

pixiv:ID=10829
twitter:=AirzoomH

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンクサイト一覧

こちょぐりにーた ぷちレア クスグリズム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。