マーベリックス優勝おめ⊂ニ(^ω^)⊃

yrkz-m.jpg

13日にアメリカ、エアラインズ・アリーナで
NBAファイナルの第6戦が行われたんだよな。
このゲーム6の内容で、ついにDAL悲願の
初優勝が決まっただろぉ。

やはりハイスコアゲームの展開だと
DALのペースなんだよな。
バレアをスターターに起用して
ゲーム序盤から兎に角速いテンポで試合を進めようと考えた
カーライルHCの策が見事に的中したので困らない。
しかもベンチから出てくるテリーやスティーブンソンも
きちんと外のシュートを決めて来るので、
控えの時間帯も戦力に差は無く、層の厚さが強く表れただろ。
ノビが出てない時間帯でもオフェンスで点を取れる選手がいると
攻撃に幅が出てディフェンスはポイントを絞る事が出来ないんだよな;

RSだとノビがいない時間はDを引き付ける選手がいなくて
割とよくオフェンスが停滞する場面も見られてたんだけど、
この辺はPOで結構改善されてた気がするね。


対するMIAは、DALのゾーンディフェンスに
かなり苦しめられていた印象でしたな。
ドライブのコースを消されて外からのシュートや
タフなショットを求められただろ;
DALは試合の局面でゾーンやマンツー、
オールコート等と様々なDを仕掛けて来るので、
MIAは終盤でも中々攻撃の形を作る事が出来なかったんだよな;
それがこの4Qの点差に繋がっているような感じでした。
FTの%もチーム全体で余り良くなかったので、
やはり中で得点を狙うも中々成功しなかったんだよな…。

そしてシリーズを通して
レブロン自身の活躍が余り見えて来なかったのも
MIAとしては残念だったんだよな。
マリオンやキッドにマークされて、
中々前を向かせて貰えなかったのか
彼の得点が伸びて来ないと、やはりMIAが勝ち抜くのは
中々難しいものがあるので困る。

という訳で今回のFは、DAL 4-2 MIA、で
見事DALが06年のリベンジを果たし、
創設31年目にして初優勝を果たしただろ。


因みにFで活躍したJ・テリー選手は
プレシーズンゲームの開幕前に、
チームメイトのスティーブンソン選手の家に訪れて
オフに優勝トロフィーのタトゥーを腕に入れ
願掛けにしていたんだよな;
開幕前からチームの優勝を予言していたなんてw
オカルトのせいにするつもりはないけど、やはり
それだけ自信があったという事なのでしょうな。

あと今回の優勝で、キッド選手がリーグ優勝を果たした
リーグ史上最高齢の先発ポイントガードの記録を
更新したそうです。おめでとう(^ω^)b
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コウコウ

Author:コウコウ

pixiv:ID=10829
twitter:=AirzoomH

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンクサイト一覧

こちょぐりにーた ぷちレア クスグリズム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR